>>続きを読む" />
2019.04.13

ステップアップキャンプin藤枝明誠〜案の定の初日〜

こんにちは。

最近、炭水化物が止まらない金子です。

今回はステップアップキャンプin藤枝明誠1日目のお話をしたいと思います。

3月29日~3月31日にかけてBBクラス(U15)の男子が藤枝明誠高校に遠征に行ってきました。

U15と言っても卒団式を終えた後だったので中学二年生が主体です。

まず行きのバスですが、朝早い出発なので出来る限り寝る様に伝えましたがさすが現代っ子。ひたすら携帯をイジり続けてました。

一日に人間が集中出来る時間には限界があります。これからインターハイレベルの高校生達と試合するのにその前に携帯ゲームに集中してしまっていて試合に集中出来るのか不安でした。

須田コーチと話し合い、怒るべきがどうか….

やんわり伝えよう(笑)という結果になり、須田コーチがやんわり伝えてくれました。

がしかしも二時間近くもゲームをしてた彼等は案の定1試合目の入りは最悪。

移動の疲れで足が動かないのは分かりますが会話出来なかったりイージーなゴール下を落としてしまったり集中力不足が目立ち試合には勝ちましたが内容は最悪でした。

続く2試合目は、青森県新人一位の高校と。1試合目とは違い内容としては最高の出来でした。高校生相手にビビらず積極的に攻め続けてくれました。当然積極性があるとどんどん良いリズムになるのでレオヴィスタらしいバスケットが出来ました。

3試合は、中学生のクラブとやりました。

1試合目と同じ試合には勝ちましたが内容は最悪。気持ちのコントロールが出来ないと言いますか、相手が高校生やレベルの高いとこだと自然と120%でますが、相手が中学生だったり自分達より下だと思うと手を抜いてしまう….

徹底して勝つ事が出来ない…

相手関係なく自分のメンタルを自分でコントロール出来るようになって欲しいです。

夜は、北海道の中学と藤枝明誠とB戦をやらせて頂きました。バランスが非常に難しいのですが、みんな自分のためにプレーしてしまうのでオフェンスばかり。チームの為にディフェンスを頑張ろうと思ってくれる選手がいないのは非常に残念でした。

須田コーチから『シュート打つのはオッケーだよ。でも外しちゃったらどうすれば良いの?』

選手『次シュート決めれる様に頑張ります』

そうなんですが、やはりオフェンスの事ばかり…

チームで相手からボールを奪って次のオフェンスでシュートを打てるのは5人のうち一人しかいません。みんなシュートを打ちたいはず。そんな中代表でシュートをうち落としてしまった。

そしたら次のディフェンスを頑張るしかないですよね。急いで戻ってディフェンスに参加する。

じゃないとシュートを落として、気持ちも切れて、ディフェンスもサボっての負のスパイラルにどんどん入ってしまうBチーム。

ディフェンスの重要性について夜のミーティングでも話しました。

そしてこの遠征の課題に挙げていたリバウンド、インサイドディフェンスですがまだ意識が低くボックスアウトも忘れてしまう事がチラホラ。

初日は反省だらけでしたが二日目以降どうなるか乞うご期待!!笑

ブラス材料を話すなら、みんながフワフワ全体的に集中していない1日目でしたが一人だけベンチ出場のなか腹をくくって強い気持ちで挑んでくれた選手がいました。彼は普段は気持ちが弱く精神面で怒られる事が多い選手でしたがこの日は最初からアグレッシブ!!

気持ちの重要性がみんなに伝わってくれれば良いなと思います。