>>続きを読む" />
2019.05.12

春季選手権最終日〜戦評〜

最近、というか今日女子が敗戦して落ち込んでいる金子です。

そう。本日は先週の続き春季選手権大会のクラブ予選最終日でした。

先週は男女共に4戦全勝。男子は2チーム出場なので県大会出場は確定していましたが、1位で出れることにモチベーションに。女子は1チームの枠しかないので勝ったら県大会負ければ終わりの大一番。

結果は敗戦….。

ただ彼女らはこの一週間試合に向けて一生懸命取り組み準備もしっかりしてました。

ここで最大の敵、緊張!!

誰しもが戦わなくてはいけない相手。それは緊張です。敗けの言い訳にしているわけではありません。相手チームも前半は緊張。お互い緊張で11-5で前半終了。前半⁇笑

1Qでもロースコアなのに前半でこのスコア。互いに県大会のかかっている試合で緊張してかなり重い空気での前半となりました。

後半いち早くこの緊張から打開したのが相手チーム。徐々に点差が開き始めてしまいました。

パスがなくなりドリブルが増え、中にアタック出来ない状況が、長く続いてしまいシュートの試投数ではトータルで20本近くの差が出てしまいました。

また、先週に引き続きイージーシュートのミス、フリースローのミスと自チームのスコアが伸びず差が開いていく一方でした。

そして、チームの中心の二人も二人合わせて4点?5点?これでは試合には勝てませんね。

大きな流れが来ないまま試合終了のブザーが鳴ってしまいました。

県大会には出場したいと思っていましたが、この場合はサボった訳でもなく、集中力がなかった訳でもなく、目標達成を目の前にして緊張によるミスからの自滅。

良い負けだったと思います。

悔しかったはず。一生懸命努力した上での負け。これは必ず彼女達のこの先にとってプラスの経験になったと思います。

そして、本当の最後の最後までご声援頂きました、保護者の皆様ありがとうございました。勝負が決まった後も拍手でチームにエネルギーを頂き感謝しかありません。

女子は下級生が多くまだまだ未熟ですが、元気で真面目なチームです。

必ず年度の最後には良い試合が出来るチーム選手に仕上げたいと思いますので変わらぬご声援を年間通してお願いさせて頂ければと思います。

男子はここ一週間気の緩んだ練習でしたが、今日の試合の入りは集中してくれました。

まだまだメンバー交代のタイミング等でリズムを失う事はありますが、最低ラインの県大会出場は見事に全勝で決めてくれました。

男子の本番は県大会、まだまだ一カ月もあります。

最高の準備をして県大会を迎えられるように頑張りましょう。

今日は試合に練習に二部練、学生も保護者も皆様お疲れ様でした。