>>続きを読む" />
2019.06.07

 きっかけは人それぞれ

こんばんは。

 

最近冷やし中華にハマってる大柴です。

タレはゴマ派です。

 

先週は中学生クラスの県大会へ帯同してきました。

 

二日間、選手達や応援に来ている選手・保護者みんなの熱気に包まれながら大会がスタートしました。

 

総評は中学生クラスの金子コーチがしていたのであまり多くは語りませんが、クラブではリーグ戦が多いだけに、トーナメント戦の独特な雰囲気が選手たちの緊張感から伝わってきました。

 

試合は2日目に惜しくも一点差で負けてしまいましたが、試合後のみんなの姿にまだまだ強くなる伸び代がある!!!

と感じました。

 

 

明日からはU13のバスケットボールジャパンカップへ🏀

去年は女子のみの参加でしたが、今年は男女で参戦してきます^^

先月にもU13の大会がありましたは、今回は大会遠征!

レオヴィスタとして初の宿泊になる選手もいます。

慣れない環境での大会となりますが、1年生らしくフレッシュな気持ちを忘れずに、戦ってきてほしいと思います。

1年生の最初から、いろいろなチームの同じ学年の選手たちと試合をしてたくさんの刺激をもらえるのはとてもプラスですし、普段の練習へのモチベーションにもつながりますね♪

怪我なく明日から頑張っていきましょう👊

 

 

 

さて、この間の続きをお話ししたいと思います(^^)

この間はバスケットボールをひょんな事から始めるというところで終わっていたので

今日はバスケットボールとの出会いを話そうと思います。

 

バスケ部には通っていた小学校のミニバスに入ることになりました。

 

小学4年生からしか募集していないミニバスで、小4になったときに幼馴染に誘われて体験に行ったのがきっかけでした。

 

その時にはサッカークラブに入るつもりだったので全くバスケ部になんて入るつもりはなかったのですが、なんかシュートとかを打って全然入らなくて悔しいという気持ちだったことは覚えています。

 

多分それで火がついて入ったんだと思います(笑)

 

親にもサッカーって言ってたけど、ミニバスやりたい!と伝えたら

いいんじゃない?ダイエットにもなりそうだし。と。

 

そうです。私その頃まん丸と太っていたんです。笑

運動はめちゃくちゃ好きだったんですが、その分めちゃくちゃ食べていたので

The動けるデブでした。

 

 

親も子も、痩せたらラッキーくらいの感じで始めたので、

バスケがまさかここまで人生の一部になるだなんて思ってもいませんでした。

 

ただ、自分でやりたいと思ってこんなに長く続けられたスポーツはバスケットボールだけなので、たくさんの魅力を子供の時から感じていたのだと思います。

 

 

続きはまた今度書いていきたいと思います^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました🙇‍♀️

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市など市外の学生も多数在籍しています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。

部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。

今からじゃもう遅いかも・・・

私なんか、僕なんか・・・と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』