>>続きを読む" />
2019.06.10

bjリーグカップU13戦評

こんにちは。

最近、年齢による体力の衰えをひしひしと感じている金子です。笑

今回は8・9日に行われた、bjリーグカップについて書かせて頂きます。

各カテゴリー毎年参加させて頂いているbjリーグカップです。

大会の規模も大きく、様々な県からハイレベルのチームが揃います。

そして今回は U13世代つまり中1の年代です。クラブでは各年代に分かれて試合できるメリットとして U13カテゴリーの試合を多々準備されておりますが、年々各チームのレベルが上がっている事にびっくりです。

もう普通に戦術、戦略があり下手したら中三の部活動のチームより身体は劣りますが、バスケットとしては非常に質の高い試合を展開しているチームばかりです。

レオヴィスタとしてはこの時期にチーム練習する予定がないのでそもそも戦術などはやりませんが、やりたくてもある程度の基礎技術とIQがないと出来ないのが戦術、戦略です。

それぐらいレベルの高いチームばかりでした。

男子は初の遠征の子が多い中、不安の中で挑みました。初戦は1点差で勝利!!大事な場面でルーズボールやディフェンスを頑張り勝利をものにしました。

2戦目、3戦目は今大会の優勝、準優勝チームとの戦いです。二試合とも敗戦でしたが、戦える局面はたくさんありました。ただ状況判断の点ではかなりこの2チームとは差があるように感じました。

夜飯はかなり豪華でこれならお米が進むと思いきや、進まないのが男子笑

序盤みんなで楽しく話しながら食べてたのでこの代は食事問題ないかなと思いましたが、ただ話しているだけで全然食事が進まず笑

これではトレーニングキャンプ…笑

夜のミーティングでも取り組み方や才能あるものに才能ないものが勝つ確率の話をしました。次の日の試合は全勝で柏に戻ろうと!!

そして次の日、男子は二人が朝から寝坊で遅刻…。

試合も前半出場させずの処置でした。

前半10点差開き、後半追い上げましたが1点差で負けてしまいました。

チームにどれだけ迷惑をかけてしまうのか学んでもらいたくこのような形をとりました。

まだ一年生。みんなもこの負けを無駄にせず試合に向けての準備がいかに大切かを学んでもらいたいです。

ミスから学べ!!

そして女子は、昨年度優勝のプレッシャーの中、初戦と2戦目と連勝。

ただ、内容が良くなく基本的な事が疎かに…

3戦目は今大会優勝チーム!!

相手には U12のジャパンの選手も!

簡単なミスとマッチアップの遅さが目立ち敗戦となりました。

女子は夕食、男子よりも早いスピードで食していました笑

ミーティングでは基礎を身につけるまでにどのような努力が必要なのかを話し、明日の準決勝に対して良い準備をして臨みましょうと伝えました。

翌日、準決勝ではリードチェンジが3Qまで仕切りに繰り返されてシーソーゲームの展開でした。

4Q目ついにこちらが慌ててしまい点差を離されて敗戦。

普段ならありえないパスミス、バックパスのミス。これがメンタルの重要性ですね。緊張と焦りからこうなってしまいます。

経験を積むしかないと思います。

3位決定戦でも同じ展開。

しかし4Q逆に点差を離したのはレオヴィスタ!!準決勝での経験を生かし苦しい時間でも、慌てずコツコツディフェンスを頑張って見事勝利を手にしました。

結果三位!!

試合後も三位なのに全然喜ばない学生笑

優勝じゃなく悔しいならオッケーですが、恥ずかしいのだとしたら残念m(__)m

もっと馬鹿ができる選手にならないと笑

男女共に二日間試合した事によって、反省点がかなり浮彫になってきました。

練習して7月の U13大会に向けて頑張りましょう^ – ^