>>続きを読む" />
2019.07.10

緊張!!

こんにちは。

ジュニアクラス男子コーチの宮丿腰です。

今週月曜日にBBクラスのTRY OUTが行われました。

私は主に男子を見させて頂きました。

今回はそのTRY OUTで感じた事を書きたいと思います。

TRY OUTの内容は、ドリブル、ハンドリング、シュートのスキルから、1on1のoffense、defense、5on5のゲーム、最後に体力テストが行われました。

シュートの様に数字で結果が明確に分かるものから、

1on1やゲームの様にそうでないものもあります。

普段、BBクラスを見ているわけではないので、各テストの前にBBクラスのコーチからポイントを選手達に伝えた事を純粋に評価しました。

選手たちは、緊張していたり、少しでも良い所をアピールしようと力が入っていたと思います。

特にシュートに関しては、とても残念な結果でした。

たまにBBクラスの指導をする事がありますが、基本シュートに関しての練習を行っているので楽しみにしていましたが…(涙)

シュートのテストは、ゴール下とミドルレンジ、スリーポイントを行いました。

ゴール下は、マイカンドリルといって連続でシュートを繰り返すドリルですが、本来なら10本連続入れられる様に練習します。

しかし、殆どの選手が10本以下、9本、8本ならまだしも5本以下が大半でした。

緊張して力が入り過ぎてしまっている選手が殆どで、何時ものパフォーマンスが発揮出来なかったと思います。

ミドルレンジ、スリーポイントはそれぞれ5箇所から動きながらミートをしてシュートを打ちましたが、

こちらも5割以下が大半でした。

こちらは、時間内に打つ事も求められたので焦りからフォームの乱れ、リズムも狂っていました。

どちらのシュートも、普段の練習の結果がそのまま反映されています。

ゴール下のシュートの緊張から力んでしまうのは、先ず緊張をどうするかだと思います。

不安があるから緊張してしまうと思います。

不安をなくすには、自信をつける、その為には練習で繰り返し結果を出す事です。

ミドルレンジ、スリーポイントは、常にゲームライクにシュートを練習しているかだと思います。

自分のやり易いリズムやスピードでシュート練習をしても、ゲームでは中々その様な状況はありません。

シュートに関しては少し厳しい評価をしてしまいましたが、今回の結果が現時点の自分の実力だと思います。

今週には、総合結果の発表があると思いますが、

その結果を、しっかりと受け止めて、今後どの様に練習に取り組むかが大切だと思います。

次回のTRY OUTで少しでも実力が向上しているのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市など市外の学生も多数在籍しています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。

部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。

今からじゃもう遅いかも・・・

と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』