>>続きを読む" />
2019.07.16

バスケットボールジャパンカップ 女子選評

こんにちは。

ジュニアクラスの大柴です。

 

7月14日(日)・15日(月)バスケットボールジャパンカップに参加し、ジュニアクラス男女16名で福島県に行ってまいりました^^

 

本日は女子について書いていきたいと思います🏀

 

 

女子は初戦から昨年決勝戦で負けた横浜ビー・コルセアーズさんとの勝負でした!

子供達も去年接戦で負けたこともあり、再戦に燃えていました🔥

 

序盤からシーソーゲームが続きましたが4Q入りはレオヴィスタがリードしていました。

 

去年は最後の最後でミスが続き逆転負けでしたが、今年はミスよりも自分たちの集中力不足やあともう少しで勝てる!!という気持ちがあと一歩たらず、怒涛のオフェンスリバウンドを取られ最終的には2点差で負けてしまいました。

 

特にディフェンスは集中して守っていたと思いますし、普段以上に頑張ってはいたと思うのですが、守って終わりになってしまい、一番大事なリバウンド(自分たちのボールにするところ意識)で意識が切れてしまう。

大事な場面はほとんどリバウンドで点数と取られてしまっていました。

 

女子はこういうゲームが昨年からずっと続いていたのですが、せっかく4Q残り3分で勝負できる点差まで自分たちで頑張って試合をしてきたのに、その残り3分で気が緩んでしまうってすごく勿体無いし、きっとやってる本人たちが試合終わったあと、気が落ちてしまったり、疲労感がさらにでてしまったりしてしまうと思うんですよね。

ここを自分たちで乗り切れるかが彼女たちにとって成長へのキーポイントになると思いますし、チームとしても個人としても自信に繋がってくると思います。

 

 

女子はリーグ戦だったので、気持ちを切り替え2試合目にその反省を活かして勝負に臨みました。

2試合目も大接戦!

さっきの試合の経験を活かす絶好の試合でした。

集中力が切れそうな時や、ミスが続いた時もコートの中で声を掛け合っている姿がみれました。

 

結果は1点差で勝ち。

最後もゲームをコントロールし、勝ちきることができました。

 

2日目も接戦が続き、とてもいい経験のできた2日間となりました。

また、今回5年生も二人参加していたのですが、接戦ゲームの緊張した中での経験はとてもプラスになったのではないかなと思います。

どういう場面で自分はミスしてしまうのか、逆にどういう場面でいいプレーができていたのかをしっかり自己分析して、普段の練習で取り組んでいってほしいと思います。

 

6年生はキャプテン、副キャプテンはもちろんですが6年生全体としてもう少しリーダーシップや、責任感を持ってプレーしたり、私生活の中でも行動していってほしいと感じます。

 

プレーではたくましい姿をたま〜に見せることもありますが、いつでもどこでも常にその姿を5年生やその下のクラスにも見せていけるような選手・人間になっていってほしいと思います。

 

バスケットボール選手でいる期間よりも、普通の人として過ごす時間の方が絶対に長いです。

もしかしたらNBAに行ったり、プロになったりずっとバスケットボール選手として過ごす人もいるかもしれませんがそれは本当に一握りのことだと思います。

 

みんなにはまず、人として当たり前のこと、人間力を身につけて行ってほしいと思います。

 

私が過ごしてきたバスケットボール人生の中にも、リーダーシップがあって責任感もあって、みんなにいつも頼られている、そしてみんながその人についていってる・・・

という人を何人か見てきましたが、

やっぱりそういう人たちは言ったことに責任を持ちますし、言い訳はしません。

みんなが嫌がるようなめんどくさい仕事は当たり前のように行いますし、見て見ぬ振りはしません。

そして仲間の悪口を言ったり、ネガティブなことも言いません。

 

みんなはまだ小学生。

そんな人間になれるチャンスはまだあります。

スポーツを通じて、今のうちにたくさんのことを感じて言ってほしいと思います。

 

大きな話になってしまいましたが、チームで同じ方向を見て個人としてもチームとしても成長していってほしいと思う遠征でした。

 

それにしても女子は課題がたくさん!男子は倍以上ありそうですが^^:笑

 

夏合宿が楽しみですね〜😈

学生の皆さん覚悟しておいてください!笑

 

 

 

それでは最後までブログを読んでいただきありがとうございました🙇‍♀️