>>続きを読む" />
2019.07.17

関東ジュニアリーグ戦U12男子 第二節

こんにちは。

ジュニアクラス男子コーチの宮丿腰です。

今回は、三連休の初日に行われた関東ジュニアU12のI部第2節について書きたいと思います。

今年度はチーム数が増え、U12もII部制になり前回の1節と今回の第2節のポイントの合計によって、Ⅱ部との入れ替えがあります。

前回4位でしたので、今回も4位以上なら残留確定という状況で何とか4位で終える事が出来ました。

今年度のチームは、スタート当初から練習試合や関東ジュニア第1節でそれなりの結果を得る事が出来て、選手にとっても良い自信になっていたと思っていました。

しかし、今回の結果は前回と同じ4位でしたが、全く違うものでとても残念な内容でした。

特に、上位3チームとの試合では前回より差が縮まるところか更に開いてしまっていました。

過信とまでは言いませんが、何処かに勝てるんじゃないかとか、自分達の方が強いんじゃないかと思っていた様な気がしました。

選手達は、多分そんなつもりは無いと思っていると思いますが、普段の練習に取り組む姿勢が物語っています。

例えば体力です。

試合がスタートして、開始直後はとても元気で足も動いてオフェンスもディフェンスもとても良い感じです。

実際、どの試合も前半は対等に渡り合えてます。

しかし、後半になるにつれ足が動かなくなり、ディフェンスでは手が出てしまいファールが増え、オフェンスでは走れなくなり速攻が出なくなります。

頑張りところで踏ん張りがきかない。

これが、今のチームの特徴です。

普段の練習は、選手は一生懸命やっています。

しかし、やり切るという事に関しては出来ていなです。

特にフットワークなど心肺機能、ディフェンスフットワークの様に脚が辛い練習になると、サボってしまい取り敢えずこなすという感じです。

その結果が、そのまま試合に反映している事を選手達には感じて欲しいと願います。

また、辛い時の一踏ん張りが自分の力となって帰って来ると言う事を体験して欲しいとも思います。

その為にも、普段の練習をやりきりましょう。

次回は、三連休の2日目、3日目の福島県で開催されたジャパンカップについて書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市など市外の学生も多数在籍しています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。

部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。

今からじゃもう遅いかも・・・

と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』