>>続きを読む" />
2019.08.15

感謝!!

こんにちは。

三日連続投稿の金子です。

今日からBBの男子はTOKYO SUMMER LEAGUE U15です。

どんどん新しい大会が増えて来ますね笑

このリーグ戦は関東外からもチームをお呼びして行う大会です!!

毎大会観て思うのが、ジュニアオールスターなどに入っていて有名な選手はもちろんのこと、あまり知られてない選手でも上手な子が沢山いる事です。

ジュニアオールスターに入っていた選手が高校の時に国体のメンバーに入る率が5割行かない事を知っていましたか⁇^_^

ジュニアオールスターに入る事に寄って天狗になってしまい努力を怠ってしまう選手、中学校のチーム自体があまり強くなく目に付かなかった選手、高校に入って身長や体格がグッと成長する選手と色々理由があると思いますが、これだけの才能ある子が全国各地にいると思うとバスケット界も先は明るいなと思います^ ^

そして、やはりこの年代で色々な地域の子達と試合できるということは、経験値としてはかなり大きいと思います。

自分が中学生の時ではありえない。

そして、今日なんかは大田区総合体育館での大会!!

環境が良すぎます笑

エアコン付きの体育館で試合したことなんて中学生の時はありませんでした笑

益々環境が良くなる中で、あえて不便にしないといけないものと時代の流れに沿って文明の利器に頼らないといけないものの分別が難しくなって来ていると思います。

そして、一番気にかかるのが感謝の気持ちが薄れて来ているような気がします。

私も含めて今の環境が当たり前ではなく、感謝の気持ちを持って生活しなければいけませんね。

試合も一緒です。

会場貸してくれる人がいて、大会を運営してくれる方がいて、相手チームがいて、審判の方がいて、保護者が送迎してくれて、更にお金も必要で色々な要素で試合は成り立っています。

感謝の気持ちを持ってプレーすればそれなりに学ぶ事も多くあると思います。

得られることも沢山あります。

私が中学生の時に大好きだったNBA選手『アレン・アイバーソン』が何故そんなにハードにプレー出来るのかという質問に対して、(毎試合これが人生最後の試合だと思ってプレーしている。お世話になった人への恩返し)と答えてました。

当時は良く分かりませんでしたが、怪我で最後の試合の心の準備も出来ず気付いたら引退してしまった私は今になって身に染みています。

子供達も毎試合最後の試合だと思って感謝の気持ちを持ってプレーする事を心掛けましょう^ – ^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市など市外の学生も多数在籍しています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。

部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。

今からじゃもう遅いかも・・・

と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』