>>続きを読む" />
2019.08.17

夏バテ対策!

こんにちは

トレーナーの安部です!

台風が来たり、暑くなったり、、

めまぐるしい気温、湿度の変化ですが

みなさん、夏バテしていませんか!?

夏バテといえば暑さで体力を消耗し、

食欲が落ちてグッタリするというイメージですよね!

でも、いまどきの夏バテは同じグッタリでも、その原因は昔のものとは違うんだそうです

しかも、人によって原因は様々!

自分がどうして夏バテしているかを知らないと、まちがった対策でさらに体調を崩してしまうこともあるんだそうです!

夏バテの種類の1つは

『冷房バテ』

暑さゆえに、お部屋の冷房の設定温度が低めになっていませんか?

ファミレスとか入ると最初は涼しくて気持ちい~となりますが、

少しすると逆に寒すぎて冷えてしまうことないですか?

室内は寒いのに、寒いから出ようと思って外に出たらすんごい暑い💦

気温差の大きい屋内と屋外を一日に何度も行き来することで、

内臓の働きが鈍り、疲れがたまりやすくなってしまうんだそうです

また、屋内と屋外の行き来はなくても、冷房の効いた屋内に一日中いるという人も問題!

体が冷えきって血行が悪くなり、

内臓の働きが落ちたり、

肩こりなどを引き起こしがちです

最近の患者さんでも多いんですが、

私も冷房つけっぱなしで寝て

起きた時たら首を寝違えてしまった

ということがありました

寒さで筋肉が固まってしまった

っていうのも1つの原因かもしれません💦

対策として

屋内にいるときは、エアコンの設定温度を下げすぎないようにしたり、羽織り物や膝掛けなどで冷えすぎないようにしましょう!

あともう1つは

『食冷えバテ』

暑い日に

キンキンに冷えたビール、、

これほどおいしいものはありませんよね

あとは、氷たっぷりのジュース

アイス、かき氷、、

夏になるとつい手が伸びてしまう冷たい食べ物や飲み物は暑い日には必須ですよね!!

でも、普段冷房漬けの人たちがこうした食べ物ばかり食べていると、胃腸が冷えすぎて機能が低下し、胃もたれや下痢を起こすことにもあります

暑い夏でも体のためには、冷えた飲食物は避けたほうがいいんだそうです

体温を冷やすためには冷たいものが効果的ですが、

冷やし過ぎも良くない!

ってことですね

「夏バテしないように冷房を我慢する」

「喉乾いたけど冷たい飲み物は飲まない」

だと熱中症になったりしてしまうので我慢はしない。

だからといって冷やし過ぎない!!

熱中症対策も大切ですが

夏バテ対策もしっかり意識していきましょう!

安部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市など市外の学生も多数在籍しています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。

部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。

今からじゃもう遅いかも・・・

と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』