>>続きを読む" />
2019.11.06

リバウンド

 

こんにちは。

 

ジュニアクラス男子コーチの宮丿腰です。

 

今回は、今月に入りジュニアクラスではリバウンドドリルを取り入れているので、そのリバウンドについて書きたいと思います。

 

バスケに携わっていたら一度は耳にした事があると思いますが、「リバウンドを制するものは、試合を制する」と言う言葉がある様に、とても大切な技術だと思います。

 

リバウンドに必要なスキルは3つあります。

 

・ボールへの執着心

 

・スクリーンアウトのスキル

 

・予測

 

この3つそれぞれの要素のバランスを取って、リングからはねたボールを取る必要があります。

 

ボールへの執着心

「リバウンドを取るかどうかは、リバウンドに行く意識があるかどうか」ということが言われることがありますが、最終的には、大きい選手でも、小さい選手でもリバウンドに行かなければとれません。当たり前ですが、この部分がなければどうしようもありません。

 

スクリーンアウト

シュートが打たれたら、すぐボールを追うのではなく、まずはスクリーンアウトをする為に、自分のマークマンを見るというのが基本です。

 

予測

リバウンドを取るためには、不可欠な要素で、予測が上手い選手ほどたくさんリバウンドを取ることがあります。見方のシュートが短いか長いか、ということがわかるだけでもかなりリバウンドには有利になります。スクリーンアウトをいくらしても、落下地点の予測をしなければ、形だけ綺麗で結果、取れないという事が起きてしまいます。

 

この3つの要素を意識しながら練習に取り組んでみたら、リバウンドへの意識が高くると思います。

 

 

 

意識しながら練習をしていきましょう。

 

 

 

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、千葉柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市など市外の学生も多数在籍しています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。

会場は柏、市川、浦安と各地で行っております。

部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。

今からじゃもう遅いかも・・・

と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』