>>続きを読む" />
2019.12.04

バックボード

 

 

こんにちは。

 

ジュニアクラス男子コーチの宮丿腰です。

 

今回はバスケットボールのリングの後ろに付いているバックボードについて書きたいと思います。

 

今では、バスケットボールのゴールにボードが付いている事は当たり前の事ですが…

 

なぜ?バックボードが付いているかご存知ですか?

 

その答えは、

 

シュートしたボールがゴールに入るのを観客に邪魔されない為です❗️

 

バスケットボールというスポーツは、1891年12月21日に、アメリカのスプリングフィールド大学の体育教師のジェイムス・ネイスミスさんによって考案され誕生しました。

 

バスケットボールが考案された当時はバックボードがありませんでした。

しかも、昔のバスケットボールの試合では、観客は今より遥かに高い位置で、ゴールのすぐそばで観戦し応援が出来ました。

 

つまり、観客の手の届くところにゴールがあったのです。

その為、シュートされたボールを観客によって邪魔され放題だったのです。

 

昔のバスケットボールはゴールが一つしかなかったので、観客は気に入らないチームのシュートボールを邪魔し放題でした。

 

そんなことが頻繁に起こったので、当然試合にならなくなり、また、選手たちも不満やストレスが溜まる一方でした。

 

そこで考案されたのがバックボードでした。

 

大きくて邪魔なバックボードをゴールの後ろに備え付けることで、

 

観客から直接邪魔されるのを防いだのです。

 

以上が、バスケットボールのゴールにバックボードが付いている理由です。

 

現代のバスケットボールにおいては、観客にシュートボールを邪魔されることはありません。

 

なぜなら、バスケットゴール自体が、観客が見れる場所から離れているからです。

つまり、バックボードがなくてもシュートを邪魔される事がありませんが、当時の名残でそのままバックボードが付いています。

 

このバックボードが設置された事で、バスケットボールのシュート技術に磨きがかかり、素晴らしいスーパープレイが生まれるようになりました。

 

因みに、バックボードの上までの高さは395㎝です。

NBA選手の跳躍力のある選手は、バックボードの上にコインを乗せられるらしいですよ。

 

 

 

 

 

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、千葉柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市など市外の学生も多数在籍しています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。会場は柏、市川、浦安と各地で行っております。部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。また、自宅で学べる動画配信サービスも行っております。エリアが遠くて通えない方もレオヴィスタの指導技術を学べます!!

 

今からじゃもう遅いかも・・・

と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』