>>続きを読む" />
2020.01.26

バスケットマン日本一までの道のり 〜バスケット用語集〜その12 Crazy journey yossyです。

バスケットの用語を纏めてみました。

 

 

 

【シャトルラン】

コートを4分の1や2分の1ごとに区切って往復のダッシュをする練習のこと。フットワークとして行われることが多い。

ターンの仕方やバックランを組み合わせることで、さまざまなバリエーションを作ることができる。 

 

 

 

 

【ジャンプボール】

試合の開始時にセンターサークルでトスされたボールを、自チームのボールになるようにタップすること。

 

 

 

 

【ショットレンジ】

無理なく決めることのできるシュートの範囲のこと。

 

 

 

 

【シリンダー】

プレイヤーがコート上で普通に両足を開いて位置を占めたとき(ノーマル・バスケットボール・ポジション)、そのプレイヤーが占めている位置と真上の空間をシリンダーという。

プレーヤーがバスケットボール・ポジションにいるとき、その真上の空間。その範囲は以下のように定められている。

・前は手を普通にあげたときの手の平の垂直面

・両脇は、脚と脚(足)の垂直面

 

 

 

 

【スイッチアップ】

スクリーンに対してディフェンス側から先手で動き、ボール保持者にスクリナーのディフェンスがチェンジしてアタックし、追い込みをかけるディフェンスのこと。

 

 

 

 

【スクエアアップ】

ボールを持った時にゴールに正対すること。

 

 

 

 

【スクエアスタンス】

ディフェンスの構えの一つ。基本姿勢に加えて、少し重心を落とし、相手に対して真正面に向かい合うスタンス。

 

 

 

 

【スタック】

ローポスト、またはハイポストのフリースローレーンに二人のオフェンスプレーヤーが密着した状態で行うスクリーンプレイ。

ユーザーが通過後、一人が外に出ることによってオープンショットの機会が出来る。 

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、千葉柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市など市外の学生も多数在籍しています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。

会場は柏、市川、浦安と各地で行っております。

部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。

今からじゃもう遅いかも・・・

と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』