>>続きを読む" />
2020.05.19

金子コーチ~バスケットの歴史23~

 

こんにちは。

金子です。

前回は指導者としての価値を上げるお話をしました。

1年目アカデミー活動をし終盤に、クラブチーム化を考えていることを伝えると非常に反応が良く、新1年生を中心にメンバーを集め試合の活動ができる人数の目処がついたのでついに念願のクラブチーム設立を実行しました。

コーチはプロで専属できるように3名、トレーニングを見てもらうため専門のトレーナーさんとも契約、練習も部活動やらずにできるように週5回。赤字覚悟で環境の整備をしいざクラブチームが始動しました。

しかし実際始まってみると男子1名女子2名。

まさかのコーチがマンツーマンでつける人数。笑

入団する予定だった子の保護者に聞くと、ミニバスのコーチにクラブは認可されていないから辞めておけだの内申点がつかないからダメだなどとの話をされて部活動やるように説得されたとのことでした。

体育館の確保も今もそうなのですが、実は毎日体育館までいき予約する作業をしています。

それも協会の力で予約を外されたり夜まで体育館を抑えられ練習場所をとられてしまったり、そんな子供染みたイジメにもあっていました。

ますます今の育成環の質の低さに失望しました。

大人のいらない妬み嫉みでなぜ練習場所がなくなる。

クラブに子供が集まり、部活動に上手い子がいなくなるのが嫌だったみたいです。

中学生なんだから上手い子がいなければ育成して上手い子を作れば良いだけなのに。

それが育成年代の仕事ではないのかと思ってしまいます。

そんなアクシデントに見舞われながら男女3名でスタートしたレオヴィスタのU15でした。

続く!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、千葉柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市・船橋市・市川市・千葉市など市外の学生も多数在籍しています。また県外からも東京・茨城・埼玉の学生も通われています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。会場は柏、市川、浦安と各地で行っております。部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。また、自宅で学べる動画配信サービスも行っております。エリアが遠くて通えない方もレオヴィスタの指導技術を学べます!!

今からじゃもう遅いかも・・・

と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』