>>続きを読む" />
2020.05.20

 バスケ映画

 

こんにちは。

ジュニアクラス男子コーチの宮丿腰です。

前回はバスケを題材にした映画の洋画を紹介しましたので、今回は邦画を紹介したいと思います。

アメリカの映画がNBA選手などを起用するなど「プロバスケットボール」をテーマにしているのに対し、日本の映画は高校生がバスケを通して熱い青春を送る…という爽やかなバスケット青春ドラマといった感じです。

春待つ僕ら

女優が演じる“ぼっち”な主人公の平凡な毎日が、バスケ部イケメン四天王と呼ばれる4人のバスケ男子との出会いによって大きく変わっていきます。バスケをめぐるプライドと恋心が、全国大会のコートでぶつかり合う!今をときめくイケメン俳優がそろい踏みの作品です。

走れ!T校バスケット部

連戦連敗、向かうところ負けばかりの雑草チーム「T校バスケット部」に、バスケ強豪校で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤーが転入し、T校バスケ部の個性豊かなメンバーが奮闘するストーリーになっています。原作は、実話をもとにした小説です。人気絶頂の若手俳優が、元日本代表による特訓を受けて挑んだ迫力あるバスケシーンが見られます。

フライング⭐️ラビッツ

バスケットボール女子日本リーグ機構所属の女子バスケットボールチームJALラビッツをモデルとした、深田祐介の「翔べ!ラビッツ―新世紀スチュワーデス物語」が原作。客室乗務員としての業務をこなしながら、バスケットボール選手としても活躍する女性たちの姿を描いた青春ドラマになっています。

邦画のバスケ映画は、どちらかというと女子向きの映画ですが興味がわいたら見てはどうでしょう。

stay home

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『レオヴィスタバスケットボールクラブは、千葉柏市を中心とするバスケットボールクラブチームです。

我孫子市・流山市・松戸市・野田市・船橋市・市川市・千葉市など市外の学生も多数在籍しています。また県外からも東京・茨城・埼玉の学生も通われています。

5歳~15歳(未就学児・小学生・中学生)までのそれぞれのコースに応じた一貫性のある練習をおこなっています。

さらに、現役プロ選手・元プロバスケットボール選手がいままで培った経験を生かし、子供達の育成・強化に繋がる手助けをしていきます。

レオヴィスタでは、「レオヴィスタアカデミー(スクール・教室・塾)」も開講しています。会場は柏、市川、浦安と各地で行っております。部活動や習い事で時間がなかなかない子供達は、普段の練習+週1回のレッスンでライバルに差をつけています。また、自宅で学べる動画配信サービスも行っております。エリアが遠くて通えない方もレオヴィスタの指導技術を学べます!!

今からじゃもう遅いかも・・・

と迷っている人はまず体験にきて体感してみてください。

体験お申し込みはお問い合わせからいつでもできます。

熱い気持ちを持った選手を待っています!』